LOCATION 周辺環境

近未来的な駅前ビジネスエリアと東西に広がる円頓寺商店街、川沿いの歴史保存区が交差するマルチエリア

四間道

まちの成り立ち

四間道界隈は、慶長15年(1610)の名古屋城築城とほぼ同時期に開削された堀川の舟運を利用する商人の活動とともに発展したまちです。四間道は城下町成立時には、城下町(堀川沿いの商人地)とその西側の農村地の境界をなしていた道でしたが、四間道以西の農村地も、江戸時代を通して徐々に開発され、城下町に続く町の姿を整えていきました。なお「四間道」という名前の由来は諸説ありますが、元禄13年(1700)の大火後に、この道が4間(約7m)に整備されたからともいわれています。

町並みの特徴

戦災の被害が比較的少なかった四間道界隈には、城下町の商人地であったことを示す土蔵や伝統的な建造物が現在も多く残っています。大船町通沿いには、かつては通りの東側に土蔵、西側に町屋が建ち並んでいました。これらは、堀川の水運を利用した商業活動に使われた土蔵や商人の居住地で、敷地・建物とも広大なものでした。四間道沿いには、通りの東側に一段高くなった高さ1m程度の石垣が築かれ、その上に現在も多数の土蔵が建ち並んでいます。黒の本瓦、白漆喰の壁、石垣が連続し、四間道地区の代表的な景観となっています。また四間道より西側の地域には、2~3mの路地の両側に平家建、中2階、2階建の長屋が建ち並んでおり、都心では珍しい下町情緒が残っています。狭い道と住居によって形成された「路地空間」は、この地区の歴史的特質を示すもので、子守地蔵尊や屋根神さまが祀られています。

丸一ストアー 円頓寺店

徒歩3分(180m)

円頓寺商店街

徒歩5分(360m)

やま昇

徒歩5分(400m)

ノリタケの森

徒歩9分(680m)

名古屋ルーセントタワー

徒歩11分(850m)

アクロスキューブ名古屋

徒歩11分(870m)

愛知芸術文化センター愛知県図書館

徒歩12分(910m)

高島屋

徒歩13分(990m)

名古屋城

徒歩18分(1,440m)

名古屋市役所

徒歩25分(2km)

スーパー・コンビニ

・ミニストップ(徒歩0分 施設内1階)
・セブンイレブン 名古屋名駅2丁目東店(徒歩4分 280m)
・ファミリーマート 那古野二丁目店(徒歩4分 300m)

クリーニング・コインランドリー・薬局

・ヤングドライ 菊井町店(クリーニング)(徒歩2分 140m)
・シビック那古野店(コインランドリー)(徒歩5分 400m)
・南天ファーマシー 泥江店(徒歩8分 600m)
・スギ薬局名駅桜通店(徒歩9分 680m)
・マツモトキヨシ 名駅中央郵便局前店(徒歩10分 760m)

地域施設・クリニック

・胃腸科・内科・小児科後藤医院(徒歩2分 150m)
・名古屋那古野郵便局(徒歩4分 280m)
・まつおか耳鼻科(徒歩5分 350m)
・西警察署(徒歩19分 1,500m)

飲食店

・すし工房千壽 名駅店(徒歩3分 200m)
・ザ・コーナー ハンバーガー&サルーン(徒歩4分 310m)
・ディアボロバンビーナ(徒歩8分 570m)

オフィスビル

・名古屋プライムセントラル(徒歩5分 330m)
※()内は地図上の概測距離と、80mを1分として算出(端数切り上げ)した徒歩分数です。「四間道」については、名古屋市ホームページより引用。